活動報告アーカイブ

お知らせコピー

活動報告アーカイブ一覧

2017年05月12日(金)

機関紙「地域ミュージアム」vol.3 発行しました

機関紙「地域ミュージアム」第3号を発行しました。 《目次》 ●大原美術館-今を生きる美術館-日本で最初の西洋近 […]

2016年09月10日(土)

地域博物館シンポジウム 新渡戸稲造の精神をどう活かすか 開催報告

新渡戸稲造が先祖ゆかりの地・十和田市に遺した「新渡戸記念館」。90年の時を経て、有形無形の文化遺産として地域と共に育まれ、今なおその価値を探求しています。稲造の志した文化・教育の力による人づくりの精神を、どう活かせば地方の未来を切り拓いていけるのか、地域博物館の新しい実践の形を模索するシンポジウム。

2015年09月24日(木)

機関紙「地域ミュージアム」創刊号を発行しました

機関紙第1号を発行致しました。INDEX:発刊にあたって/「地域開発」の時代から「地域開花」の時代へ/地域づくり-躍動する海士町-/会員紹介-今井美術館-/地域ミュージアム-驚きの動態展示「口和郷土資料館」-/ミュージアム紀行-アイアンブリッジに思いを馳せて-

2015年02月17日(火)

(公財)サントリー文化財団にて中間報告

去る2月9日、サントリー文化財団による「地域文化に関するグループ研究助成」の中間報告会が行われました。
当協議会では、「地域ミュージアムの活性化とミュージアムを活かした地域振興」をテーマに研究に取り組んでいます。

2014年10月23日(木)

ICOM ICRにて全国地域ミュージアム活性化協議会について報告しました

2014年10月21日、台湾において、ICM(International Council of Museums;国際博物館会議)の委員会の一つである、ICR(地方博物館国際委員会)にて、全国地域ミュージアム活性化協議会について、事務局長理事・藤原洋が報告を致しました。

「ICRの求めるものに非常に適したものである」と、会場から大きな反響を呼びました。

« 前ページへ   |